子らは喜び庭駆け回り、親はこたつで丸くなる

雪だ。南国佐賀に雪が降った。

数日前の予報では本日30日の最低気温が0度、明日31日は氷点下5度という信じがたい数値だったように記憶しているが、今日の予報(佐賀新聞)ではそれぞれ4度、氷点下1度になっていて少し胸を撫で下ろしている。

しかし寒い。午前中をまるまる屋内で過ごしていた子どもたちが昼食後にようやく庭に出て外遊びしてくれているので、運動不足を心配する母としては一安心。母は「お腹が痛い」とか言い訳して、部屋の中から君たちを見守っておるぞ。うち、こたつはないけどね。

本日の昼食はこちら。

・干し椎茸と切り干し大根、松山揚げの炊き込みご飯

・ニラ玉汁(しれっとごぼう入り)

・れんこんベーコン炒め(ニンニク入り)

ちょっと統一感に欠けるか? ごぼう、ニラ、ニンニクとくれば、博多文化圏の人間はモツ鍋食べたくなっちゃうよね~。でも、モツもキャベツも豆腐もない。そもそもモツを子どもたちが食べるわけないから、買うはずがない。2020年を振り返ると、「THE私」みたいな一年だったと思う。正直、家のことはおろそかで、とにかく自分の夢を叶えることに猪突猛進した一年だった(期待した成果は得られなかったけど)。でも、母はこうやって食事メニューひとつとっても子どもたちのことを考慮しているのだよ。わかるか、子どもたちよ。今も一人家の中でぬくぬくしてるけど。

さて、子どもたちに配慮した食事メニューを用意する私にとっての「わがまま食材」がニンニク。

この可愛らしいお尻。ニンニクは子どもたちも好きじゃないし(風味付けとして使う分には問題なし)、夫もニンニクが苦手。でも私はニンニク大好き。

ニンニクおかずを小皿につぎ分けるときは、すべての大きなニンニク片が私の皿に入るように配慮しています!

ニンニク食べたせいで息が臭くなるとか、胃の調子が悪くなるとか、私が一人ですべてのリスクを引き受けている。とかいっちゃって、好きなだけです。在宅ワーカーだから取材の予定が入る日以外は息の臭さは問題にならないしね。でも胃の方はけっこう心配。ニンニクって胃もたれ食材なんだよね。でも気をつけてたって胃もたれする40歳、取り越し苦労したってしかたない。

しかし、本日はニンニクよりニラの方がはるかに香りが強烈だったけど、なんなんだろ。ちょっと熟れ過ぎてました? ニラさん。

食後1時間、今のところ胃もたれはなし!

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です