コロナ禍の中でも日常が続くことは鳥を見ればわかる

鳩というのはやはりあんまり美しくない鳥だな、と写真を見ながら思う。

でもしかたない。

数日前、この鳩を見て大いに心を癒されたのは確かなのだから。

 

コロナウィルス関連の報道に、

“まさかこんなことになるなんてな”と連日ぼやいている。

東京オリンピックが終わったら景気が冷え込むよね!などと

のんきなことを言っていた頃には予測のつかなかった事態が

次から次へと起こっている。

 

フリーライターと名乗ってはいてもそもそも一人前の収入を稼げていない私は

報道されているようなフリーランスの苦境とは縁がない。

とはいえ、もしこの佐賀で感染者が二ケタ台で増え続けることになれば、

そう余裕をこいてもいられないのではないか。

無収入に転落してしまうのでは……。

だがサラリーマンの夫を持つ自分のことは、まあいい。

 

何をおいても心配なのは飲食店だ。

馴染みのあの店も、あの店も休業をSNSで報告している。

心が寒くなる。

自分の信じていた日常が閉じられていくのを感じる。

支援する動きは起こっており、協力できることは協力したいが、

果たしてどこまで届くのか。

というか、この混沌はいつまで続くのか。

 

世界はすっかり姿を変えてしまった。

こんな表現が現実の何物をも映していないことはわかっている。

それでもそういう観念に否応なく落ち込んでいく自分。

だが、今自分が落ち込むことに何の意味があるだろうか。

落ち込んでみたところでコロナ禍は止まらない。

鳩みたいに餌でも探していろ、というところなのだ。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です