その露出は貴男を目的にしたものではない

フラワーデモが話題になっている。

露出度の高くない、つまり男性を刺激する恐れのなさそうな服装をしていても、性犯罪の被害者となってしまう女性がいる。悲しいし、憤りを感じる。

では露出度の高い服装をしている女性はどうか。性犯罪にあったとき、女性の側に落ち度があるといえるのか。

その点は男性諸君、誤解しないでほしい。

ミニスカートを履き胸の谷間も露わに街を歩いている女性たちは、それがおしゃれだと信じているからそうしているのであって、誰彼問わず触っていいと彼女らが訴えているわけではない。

彼女らが、男たちの目をくぎ付けにする意思をまったく持っていないとまでは断言しない。

しかし、仮にそうであったとして、それは人間なら誰しも持っている自己顕示欲に過ぎず、

「私の隣にいるあなたも、今すれ違ったあなたも、どうぞ私の体を触ってください」

という意味では、やっぱりないのである。

「そんなエロい恰好しているから被害にあうんだ」という言い分は、まったく的が外れている。

こんなこというと、「そんな勘違い、するわけないだろう」「それは男性への侮辱だ」とかいう人がいると思う。

でも、これをわかっていない男性は意外と多く存在していて、それが性犯罪につながっているという気がどうにもするのである。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です